中間処理施設 オリーブリーフ.Lのご紹介です。混合廃棄物のリサイクル率向上に力を注いでいます。

 
株式会社 ニシノ産業  お問い合わせ  /  サイトマップ
トップページ会社案内産業廃棄物について業務内容中間処理施設 オリーブリーフ.L
中間処理施設 オリーブリーフ.L
 
中間処理施設 オリーブリーフ.L

メニュー
中間処理施設 オリーブリーフ.L
リサイクルの流れ

中間処理施設オリーブリーフ.Lについて

 
  オリーブリーフ.L -環境への配慮と想い-
 

オリーブリーフ.L 環境への配慮と想い

社会の価値観が「消費型」から「循環型」へと変化している今、限りある資源が循環する「循環型社会」が求められています。 特に環境を取り巻くさまざまな問題解決のため、廃棄物の減量化や再資源化は重要な課題となっています。

株式会社ニシノ産業は産業廃棄物の収集・運搬業務に留まらず平成18年混合廃棄物の分別化・減量化を行う施設「オリーブリーフ.L」を茨城県笠間市に開設いたしました。これにより混合廃棄物を減らしてリサイクルの率を上げる「循環型社会」を推進し、環境保全に貢献できると考えています。

環境問題への取り組みは「何処か遠くで起きていること」ではなく、「私たち一人ひとりが取り組めること」と、ニシノ産業は考えています。
 
  オリーブリーフ.Lの名前の由来
 

オリーブリーフ.L の名前の由来

「オリーブリーフ.L」のオリーブは平和Lはいのちや光を表し、未来に希望の道を創るお手伝いの思いを込め命名いたしました。

処理能力について
中間処理施設 オリーブリーフ.L
中間処理施設オリーブリーフ.Lでは、限りある資源が循環する「循環型社会」の推進を目指し、
混合廃棄物のリサイクル率向上に力を注いでいます。

破砕施設(二軸破砕機1) 廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を除く):3.74 t/日(8時間)
紙くず:6.23 t/日(8時間)
木くず:4.50 t/日(8時間)
繊維くず:5.12 t/日(8時間)
ゴムくず:3.74 t/日(8時間)
金属くず:5.18 t/日(8時間)
ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を除く)
:14.60 t/日(8時間)
破砕施設(二軸破砕機2) 廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を除く):65.76 t/日(8時間)
木くず:103.28 t/日(8時間)
ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を除く)
:125.20 t/日(8時間)
紙くず:28.16 t/日(8時間)
繊維くず:22.56 t/日(8時間)
ゴムくず:97.68 t/日(8時間)
金属くず:141.44 t/日(8時間)
混合くず:62.56 t/日(8時間)
破砕施設(がれき類用破砕機) がれき類(石綿含有産業廃棄物を除く):4.70 t/日(8時間)
破砕施設
(廃石膏ボード用破砕機)
ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(廃石膏ボードに限り、石綿含有産業廃棄物を除く):16.00 t/日(8時間)
破砕施設
(廃蛍光管用破砕機)
廃プラスチック類(廃蛍光管に限る)、金属くず(廃蛍光管に限る)、ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(廃蛍光管に限る):1.90 t/日(8時間)
切断施設 廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を除く):35.00 t/日(8時間)
紙くず:12.00 t/日(8時間)
木くず:70.00 t/日(8時間)
繊維くず:35.00 t/日(8時間)
ゴムくず:82.00 t/日(8時間)
金属くず:174.00 t/日(8時間)
ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を除く)
:140.00 t/日(8時間)
減容固化施設(溶融施設) 廃プラスチック類(発泡スチロールに限り、石綿含有産業廃棄物を除く)
:0.40 t/日(8時間)
圧縮施設 廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を除く)・紙くず・繊維くず
:9.04 t/日(8時間)

リサイクルについて

株式会社ニシノ産業では、常に中間処理施設の改良・改善を行い、更なるリサイクル率向上を目指しています。
しかしながら、リサイクル率向上には、処理業者の努力だけでなく、排出事業者様の協力が必要不可欠です。
排出事業者様が「産業廃棄物の適切な分別を行う意識を持つこと」が大切ですので、ご協力をお願いします。

ニシノ産業では 「中間処理施設オリーブリーフ.L」にて混合廃棄物の分別化・減量化に努めています。
資源のリサイクルに努める取り組みで、環境保全に貢献し「循環型社会」の推進をして行きたいと考えています。  
  搬出割合グラフ(重量計算)
 

搬出割合グラフ(重量計算)

 
  搬出割合グラフ(容量計算)
 

搬出割合グラフ(容量計算)

リサイクルの流れについて

中間処理施設オリーブリーフ.Lのリサイクルの流れ

中間処理施設 オリーブリーフ.Lでのリサイクルの流れのご紹介です。
混合廃棄物をリサイクルしやすくするためには、分別したり、産業廃棄物の大きさを小さく(破砕・減容・切断等)することが必要になります。
そういった産業廃棄物の中間処理の過程をリサイクルの流れの中でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

リサイクルの流れを見る→

パンフレットPDFダウンロード

株式会社ニシノ産業の中間処理施設オリーブリーフ.Lについてのパンフレットを、PDF形式のファイルでダウンロードできます。

・ブラウザで表示する場合
下記のボタンをクリックしてください。

・ファイルを保存する場合
下記のボタンを右クリックし、『名前を付けてリンク先を保存』もしくは『対象をファイルに保存』を選択してください。


※只今準備中です。暫くお待ちください。


 PDF版を閲覧するにはADOBE READERが必要です。
 インストールをされていない方は、ダウンロードしてからご覧ください。

 
お問い合わせ
お客様のご要望に合わせたプランをご提案させていただきますので、
お気軽にお問い合わせください。

▲ トップに戻る


産業廃棄物収集運搬業は、茨城県、栃木県、福島県、千葉県、特別管理産業廃棄物収集運搬業は茨城県、一般廃棄物処理業は茨城県水戸市にて行っております。
産業廃棄物処分業はオリーブリーフ.Lにて中間処理をしています。リサイクルに努め、環境に貢献していきたいと考えております。

(C) 株式会社 ニシノ産業 All rights reserved.